正規雇用で一生に稼げる金額との格差

正規雇用で一生に稼げる金額との格差

 政権が代わり安倍首相がフリーターなど非正規雇用で働いている若者たちに向かって、正社員として就職することを訴えていますが現実的には1990年代から増え続け、非正規の雇用者の割合は今では全体の約35%を占めています。政府が把握している全雇用者数は約5000万人で、その約35%に当たる1750万人ほどがアルバイト・パート・派遣社員・契約社員として働いています。

 

 では実際に正規雇用で働いた場合とフリーターなど非正規雇用で働いた場合とでは、一生に稼げる金額に一体どれほどの差があるのでしょうか。厚生労働省が行った賃金事情等総合調査によると20代ではあまり差がなく、30代以降にその差が急速に拡がることが分かっています。これは非正規雇用の賃金の伸びが30代以降は少なく、40代ではその格差は2倍以上にもなります。

 

 厚生労働省では勤続38年間で比較した場合に正社員として就職すれば1億9000万円の収入が、フリーターなど非正規雇用で働いた場合には9000万円ほど少ない約1億円でした。さらに年収だけの差ではなく福利厚生費にも大きな格差が生じていて、就職すれば4700万円ももらえる企業が負担する法定福利費や住宅補助費などが非正規雇用ではもらえません。

 

 同じ働くのであればフリーターとしてではなく、就職して正社員として働いたほうが生涯賃金にもこれだけの差が出ます。さらに年金も若いうちはあまり気にしないかもしれませんが、年を重ねていざ年金を受給する年齢になれば、非正規雇用で働いていたことを後悔する方も少なくありません。



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム フリーターの就職5段階 おすすめ就職サイト