芸術系フリーターは就職しない方が良い?

芸術系フリーターは就職しない方が良い?

フリーターになるべくしてなる人は少ないですが、その少ないフリーターとはどのような人たちなのでしょうか? なぜ就職をせずにフリーターにならなければいけなかったのでしょうか?


 典型的なのが夢追いフリーターです。たとえば、歌手になりたい、小説家になりたい、画家になりたい、漫画家になりたい、漫才師になりたい、俳優になりたいなどなど、こうした芸術系のお仕事に携わりたいと思う人の中にフリーターはたくさんいます。芸術系のお仕事は売れるも売れないも明確な基準がなく、ある日突然、爆発的に売れて、ある日突然、見向きもされなくなる事態が日常茶飯事です。よって、収入が不安定になりがちで、バイトをせざるを得ない状況に身を置きやすいのです。

 

 フリーターであれば正社員と違い、時間的な余裕が非常に多く本当にしたい仕事に打ち込むだけの余力も生まれます。なので、就職をしない選択をする人が多いのです。

 

 一般的に芸術系のお仕事をする人は変わり者が多いので、企業人には向かない人も相当数います。三國連太郎さんという俳優をご存知でしょうか? 非常に有名な俳優さんだったのですが、先日、惜しまれながら逝去されました。三國連太郎さんは一つの役を演じる為に、健康な歯を全部抜いて、総入れ歯にしたそうです。

 

 ゴッホが自分の耳を切り落とした話も有名です。このように芸術系の才能に魅入られてしまった人はフリーターなどで時間を存分に持ち、自分の世界に浸る時間を多く取らなければ務まらないのでしょう。正社員として働いていたのでは、なかなか難しいですね。

 


クリエイター就職におすすめの求人サイト口コミランキング[就職サイトランキング]
http://xn--gmqu3m45vsza288b.net/[正社員求人|絶対にお勧めの求人サイト口コミランキング]
転職サイト50代[転職の前に見てみましょう]



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム フリーターの就職5段階 おすすめ就職サイト