短期で辞めてしまった仕事の経歴は履歴書に記すべきでしょうか?

短期で辞めてしまった仕事の経歴は履歴書に記すべきでしょうか?

短期で辞めてしまった仕事の経歴は履歴書に記すべきでしょうか?

 

 転職時の履歴書の経歴の書き方についての質問です。いままでかなり短期で仕事を辞めてしまったこともありました。それらを記入するとマイナス評価になると思います。早めに辞めてしまった仕事のことは、記入をしなくても良いでしょうか?

 

 

履歴書に記載することをおすすめします

 

 長続きしなかった仕事についても、しっかりと履歴書の経歴の場所に記載してください。確かに早期での退職が多いような場合には、転職希望先から見ればマイナスの判断材料になります。

 

 ただし、経歴の欄には、年月を記入するところがあります。短期で辞めてしまった仕事を書かないと、一定期間仕事をしていない(無職)と判断されることもあります。
 そしてその事を面接で聞かれる場合も考えられます。その時にどのように答えるかも考えなければいけません。経歴については正直に記載しましょう。

 

 また、短期で辞めてしまった仕事についても、多くの仕事をしていれば経験としてのプラス評価をしてもらえることもあります。短期で辞めてしまった仕事の中にも、転職希望先で役立つ仕事内容が含まれている可能性もあります。

 

 どこで過去の仕事が役に立つか分からないわけです。さらに、転職の場合は職務経歴書も書くことが多いです。そちらで詳しく仕事内容をアピールできますので、ちょっとした仕事もプラス材料にすることができます。



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム フリーターの就職5段階 おすすめ就職サイト