フリーターと正社員は大違い|初出勤までに心がけておきたいこととは

フリーターと正社員は大違い|初出勤までに心がけておきたいこととは

アルバイト先との関係は?

 

 フリーターが就職活動をして就職先を決める時、いくつかの行動パターンはあると思いますが、出勤の融通が利くアルバイトの場合、それを続けながら就職活動をしている人が大多数なのではないでしょうか。もしそんな活動の仕方で就職先が決まったのであれば、初出勤までにアルバイト先との関係を整理しておく必要が出てくるでしょう。

 

 最も重要なのが、いつ、どんな風に辞めるかという点。初出勤までに辞めなければなりませんが、しかしフリーターだからといって即日で辞めるのはいけません。ある程度時間に余裕を見つつ辞めることを伝え、そして引き継ぎなどをしていきましょう。

 

 と同時に、アルバイト先との関係を完全に断つのではなく、今後の展開によってはまたお世話になることも考慮に入れながら辞める方向へと持っていくことをお勧めします。

 

食事や睡眠の正常化を

 

 食事は毎日3食食べていますか?栄養の偏りなどがなく、バランスの良い食事が出来ているでしょうか。睡眠は毎日しっかりととっていますか?夜に寝て朝に起きるという、当たり前の毎日を送れているでしょうか。

 

 職種にもよるかもしれませんが、こうした当たり前の生活にしておかないと、就職後に苦労することになるでしょう。初出勤までには正常化させておかなければ、すぐに仕事の忙しさなどに潰されてしまいます。

 

 多少忙しくても耐えられるかどうかは、食事と睡眠がポイント。これらの知識を増やし、体内時計やバランスが崩れないような生活を手に入れておきましょう。

 

業界の勉強にも手を伸ばそう

 

 あなたが初出勤までにしておきたいことのひとつに、業界研究があります。研究と言うと大層なことに聞こえるかもしれませんが、そこまで難しく考える必要はありません。あなたが入社する会社、これが含まれている業界がどんなところなのかを勉強しておけばいいのです。

 

 業界のことを知っていると、あなたが入社する会社にも貢献できますし、その会社がどのような存在なのかを客観的に把握することもできるはず。インターネット、新聞などを中心に情報を集め、初出勤までにできるだけ多くの知識を手に入れておいてください。

 

 

 

【関連記事】




ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム フリーターの就職5段階 おすすめ就職サイト