結婚転勤にともなう就職活動

結婚転勤にともなう就職活動

女性/25
エステティシャン
リクナビNEXT・その他

 

 

 

 20代半ばで結婚を決めた彼が、全国転勤のある仕事でした。今までアルバイトをしていたのですが、結婚、転勤を機にアルバイトを辞めました。
 しかし、彼の収入だけでは生活が苦しいので就職しようと思いました。

 

 

 

 まず、転勤族でこれから先も引っ越す可能性が高く、それもいつになるか分からないという部分が就職活動を行う際の大きなマイナス面になったと思います。

 

 また、年齢や既婚ということでこれから先、妊娠をする可能性が高いと思われてしまうため、どうせ雇っても直ぐに辞めてしまうのではないかという指摘を多くの企業で受けました。

 

 いくらこちら側のやる気をアピールしても、上記のようなマイナス要素があると、その時点で手応えのある反応をしてくれる面接官はほぼいませんでした。

 

 

 

 今の会社は、育児休暇制度が充実しているなど、女性の多い職場なだけに女性の立場を考慮してくれる会社でした。

 

 また、全国展開をしている会社で、これから先また転勤になったとしても同じ仕事をし続けられるという点が何よりも魅力でした。転勤により、また仕事を辞め新しい仕事を探すのは、これからどんどん年齢を重ねるうちに厳しくなることは明らかでした。

 

 運良く転勤の度に再就職する事が出来ても、また一から仕事を覚えなければいけず、経験を積み上げていくことも出来ません。そうした事を考えると、今の会社のように場所が変わっても同じ仕事を続ける事が出来るというのは、大変な魅力でした。

 

 私が一番重視していた働き続けることが可能な会社が今の職場だったのです。

 

 

 

 見知らぬ土地での仕事探しはとても大変なので、求人サイトを利用することで自分ではみつける事の出来なかった求人情報を簡単に検索出来る点が非常に便利でした。

 

 また、メールフォームで簡単にエントリーする事が出来るのも魅力的です。

 

 

 

 今の時代、新卒での就職活動も、また転職活動もどちらも一筋縄ではいきません。また年齢を重ねる度に、更に難しくなっていくのが現状です。

 

 今就職、転職出来ればどこでもいいという気持ちで仕事を決めるのではなく、ある程度先までの未来を見据えた上での就職、転職活動を行う事がベストだと思います。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム フリーターの就職5段階 おすすめ就職サイト